「“PART2”がありますよってこと」

BACK < < 「一歩間違えれば、超カッコ悪いタイトル」

――そして、何度か話題に出ていた「SYMPOSION」。インストゥルメンタルは摩天楼オペラでは定番ではありますが、燿、彩雨、悠と3人の名前が作曲者としてクレジットされていますね。

燿:今までもアルバムにはインスト曲はあったんですけど、ギター・インストだったんですよね。そんなこともあって、今までとは違うものにしたかったんですよ。そこで、メインのところにガッツリとキーボードが出てきて、ベースもちょっと浮いてる部分があって、ドラム・パターンはすべてドラマーが作るというのが、最初のシンプルな動機だったんですね。何か今までのインストと違うイメージに聞こえてますか?

――ええ。この3人の個性、プレイの特性がわかるインストだなとは思いますよ。

彩雨:そうですね。今まではギターがリードだったんですけど、今回はそれぞれがリードを回していくようなイメージで。燿さんが、イメージ楽曲として聴かせてくれたゲーム音楽があったんですけど、メイン・メロディがどんどんいろんな人にバトンタッチしていく曲だったんですね。それを聴いて、なるほどなと思って、この曲のメイン・メロディを作ったときに、半分キーボードで、半分ギターでと順番にいける感じの曲にしようと思ったんですよ。

悠:燿からギターとベースだけのパートが送られてきて、これにドラムをつけてって最初に言われたのが始まりだったんですけど、特に指定もなかったので、自分なりにつけて送り返したら、「想像と違うのがきた」って言われたんですよ。じゃあ、逆にどんなのがいいのって聞いたら、「いや、いいよ、これで」って(笑)。僕としては、最初からベースがブリブリいってるから、その邪魔はできないなと思ったので、バックに徹すしながら、その後に開けた感じのところで8(ビート)をつけたんですけどね。

燿:まぁ、他の曲もそうですけど、こういうドラムを叩いて欲しいと指定するパターンは多かったんで、ゼロの状態から全部つけてもらうのはどうかなと思ってやってみたんですよ(笑)。

悠:でも、こういうのがセッションっぽい曲ってことなんだろうなと思って作ってたんですよね。

――それが“饗宴”を意味するタイトルになったのは?

燿:何だろうな……このタイトルを決める前に、「PANTHEON」があったというのもあるんですけど、英雄たちの集まりから、何か人が集まって盛り上がっているようなイメージもあったので、そこから調べていったときに、この言葉と出会ったんですね。

――歪んだベース・ソロでエンディングを迎えたまま「何度目かのプロローグ」につながっていきますが、前奏的な意味合いもあるんですか?

燿:そうです。この最後のベース・フレーズが「何度目かのプロローグ」の2Aのところのリフになってるんですよね。「何度目かのプロローグ」に関しては、今回、ヘヴィ・メタルというキーワードで、速い曲が並びながらも、違うパターンのビートの曲があってもいいかなと思ったところから、リフをとりあえず考えたんですね。それと同時進行ぐらいで「SYMPOSION」も考えてて、だったら共通性をもたせたら面白いんじゃないかなと。だから、この2つの曲のリフが結構近いんです。

苑:そこでまず聴かせてもらったものが、イントロからBメロにかけてのものだったので、そこからバトンタッチじゃないですけど、僕がサビ、Cメロとつけていって、上手いことみんなで完成させた曲ですね。

彩雨:僕は変に分厚くしたくないなとは思ってたんですけど……この曲には広い大地が見える、雄大なイメージがあったので、キーボードもちょっと壮大にしてみましたね。だけど、「PANTHEON」や「ICARUS」みたいな仰々しいものではなく、サラッと聴けるような伸びやかなシンセにしたいなと思ったんですよ。それによって、サビやこの曲が持つ世界観を上手く活かせたかなとは思いますね。

悠:この曲は、曲が呼ぶようにドラムをつけたまでというか……サビの部分の跳ねるビートは、僕だったらきっと入れないんですよね。だから、つながり的にどうかなとは思ったんですけど、やっぱこの曲は、自信を持って、このパターンが一番カッコいいと思うものをつけましたね。自分の音楽的な影響がモロに出たというか、土台となったアメリカの大地を僕の中で表現したというか。よく言えば、古きよきハード・ロックのアレンジなんですけど、余計なことをしないのが一番、壮大に聞こえるかなと思うんですよね。僕のドラムって、やっぱり歌ありきのところが一番大きいと思うので。
 実は自分の中で面白いところがあって。サビの<遠くないよ 未来は近い>とかの手前、コーラスが入ってくる箇所ですけど、そこは前後同じことをしているように聞こえて、バスドラのパターンがちょっと違うんですよね。そこだけ進むような感じのキックの入れ方をしてるんで。でも、最後にサビを繰り返して、ギターにバトンタッチするところでは、そのパターンを抜いてるんですね。


Drums 悠



――歌詞については……これは自分自身のことですよね。

苑:これはもう完全にそうですね。暗いというか、少し寂しいような、気怠い印象から、明るいサビがドンと来るので、主人公の感情の波をのせたいなと思って、イメージしていったんですよ。そしたら、新宿を丸めた背中で歩いている自分が出てきたんですよね。何かで悩んだり困ったりしているときって、家とか目指している場所が、少し遠く感じたりするんです。そういうときって、まぁ、飲むじゃないですか。いつも僕は、飲んで飲んで、愚痴をバーっと吐き切って、前に進めるんですね。そこで明るいサビに、歩き出すときの感じをのせた感じです。

――たとえ困難が訪れたとしても、プロローグは何度あってもいいということですよね。「SHINE ON」は、昨年12月のクリスマス・ライヴの際に販売された会場限定シングルに収録されていた楽曲ですよね。

苑:そうですね。テイク的には同じで、雪の上を歩いている音が入った頭のSEだけがなくなった状態ですね。

悠:あとはフェイド・アウトじゃなくなったね。

燿:マスタリングもし直してるんで、会場限定シングルを持っている人にも違いを楽しんでもらえるかなと。

――曲そのものは、クリスマスを念頭に書いたんですよね。

苑:はい。クリスマス・ソングを作ってみようよって言ってたんですけど、バラードは作りたくなかったんです。今の僕たちだからこそのクリスマス・メタル・ソングを作りましょうと。もともと“Shine On”という言葉は知っていて、輝きに満ちた感じも受けていたんですけど、サビメロを思いついたときに、2単語がハマりそうなメロディだったんですよね。そこで“Shine On”を思い出して、採用したんですよ。だから、「SHINE ON」だけは、タイトルを決めた後に歌詞を書いたんです。

彩雨:そういえば、デモで“ラララ”で歌ってたときも、ここだけ“Shine On”って歌ってたもんね。ギター・ソロはびっくりしましたね。JaYくんが最初に練習で弾いてたとき、こういうクリスマス・ソングだから、遊びでクリスマスの曲を弾いているのかなと思ってたら、本番のレコーディングでぶっ込んできたっていう(笑)。初めてJaYくんとレコーディングしたのがこの曲だったんですけど、そこでどんなソロを弾くんだろうと思ってたら、なかなか挑戦的なものでね。

悠:斜め上だったよね。

彩雨:そういうJaYくんのセンスは、素晴らしいと思いましたね。

燿:あのとき、全員、不安そうな顔してたもんね(笑)。

苑:「えぇ!?」ってなったよね(笑)。

燿:一瞬そうなったんだけど、前後のギター・ソロの構成で通して聴いたときに、JaYくんが「カッコいいっしょ!」って言ってきて(笑)。

悠:あそこだけ聴いたら、「何やってるの!?」ってなるけど(笑)、ちゃんとそこにつながるように構築しててね。あれは凄いなと思った。

苑:しかも、それを一緒にアレンジする初めての曲でやったっていうのがね。

彩雨:そうそう(笑)。そこが重要だよね。慣れてきた頃にやるんじゃなくてね。

――その意味でも思い出深い曲になりましたね。そしてアルバムを締め括るのが、「止まるんじゃねえ」。その名の通りの疾走するリフ曲ですが、このタイトルもインパクトがありますよ。

苑:そのまま心境を叫んだ曲です。曲そのものは、10年というバンドの歴史があるからこそ、カチコチじゃない、ちょっと自由に遊べるAメロができるんじゃないかなっていうところが最初のイメージでした。ちょっとアドリブ入れちゃいましたみたいなものを、みんなには求めて。悠には「そのまま踏んでて」って言ったんですけど、ベースもギターも止まって、ツーバスだけがポンと抜けてくるっていうのは、意外とないんですよね。だから2Aとかはものすごくみんな遊んでるんですよね。一番、みんなのドヤ顔をここに入れて欲しかったんで。

燿:アレンジを考えたのは……BPM的にも、スピード・メタルではなく、ハード・ロックというか、そのぐらいのものだったので、まずカッコいいベースのリフを作ろうと思って、やったような気がします。そういえば、Aメロのレコーディングのとき、“止まるんじゃねえ”ってヴォーカルが入った瞬間に、俺は止まるんだなと思ったっていうのがありましたね(笑)。

悠:僕はホントに止まってないですからね(笑)。白玉とかもないですし、ハットのチキチキみたいなのもないですし。苑の指定があったので、考える必要がなかった曲ですけど、最後だけ派手にして終わるというのは決まってて。そこはまた楽しかったですね。

彩雨:この曲はわりと初期にできたんですけど、このストレートさが、今、摩天楼オペラで曲を作っていく上で必要なことなんだろうなと、このときに思ったんですよ。それがこのアルバムの他の曲にも影響していったんだなと、後になってから思いましたね。

――アルバム最後の曲ということも考えていたんですか?

苑:これは最初の頃に作った曲だったので、まだアルバムの全貌が見えてない状態だったんですよ。でも、全部が揃ったときに、「SHINE ON」でキレイに終わるのではなく、“PART2”がありますよってことを匂わせる、エンドロールが欲しいなと思ったんですね。そこで意図的に「止まるんじゃねえ」を最後に持ってきました。

悠:「止まるんじゃねえ」もドン!って潔く終わるんだけど、次があることも匂わせてますよね。やっぱり、「SHINE ON」で終わるのがいつもの形なんですよ。

――その“PART2”は、どのような作品になるのでしょう?

苑:この『PANTHEON -PART 1-』の流れで、ヘヴィ・メタルをコンセプトにしたアルバムですね。なおかつ、この1枚ではちょっとストーリーが短いなと思っているので、もうちょっと濃くして、バーンと終幕させてクライマックスを迎えられればいいかなと思ってます。

――そちらのリリースにも期待したいですが、間もなく10周年のアニヴァーサリー・ツアーが始まります。バンドの音楽的な基盤を改めて強く押し出したアルバムを引っ提げて全国を廻ることも、感慨深さを増すんでしょうね。

苑:でもね、そんなに意気込んではいなくて、楽しい曲をただステージで楽しくやらせてもらう、それだけの感覚なんですね。だからこそ、まだ発表されていないものも含めて、今年はライヴ本数もめちゃめちゃ今年あるんですよ。

燿:その一発目の全国ツアーなんで、このフル・アルバムをしっかり聴いてもらいつつ、その後に予定されているであろうツアーのいいスタートとなるものにしたいですね。

悠:こういうヘヴィ・メタルなアルバムを作りましたけど、今までよりもさらに激しくて、お腹にくるツーバスも多めなんで、楽しみですね。ツアーが終わったときに、どんな足の太さになってるか(笑)。それと、前回の『PHOENIX RISING』のツアー・ファイナルのときに、エンディングのSEで「PHOENIX」を流したら、すごい大合唱だったんですよね。クリスマスのライヴのときも、「SHINE ON」はまだ動画でちょっと流していただけなのに、みんな歌ってくれたんですよね。『喝采と激情のグロリア』のときに掲げた合唱は、どんどん大きくなってきてるんですよ。これは言い続けてるんですけど、やっぱりお客さんが歌ってくれるのが、一番一体感が生まれるものだなと、僕は思っているんですね。その景色を再び見られるのが楽しみです。

彩雨:ライヴをすると、その曲のよさがもっと出てくる印象がいつもあるんですよ。今回の曲は、どれもライヴ向きだなと思ってて、だからこそ、よりいい方向に化けてくれるんじゃないかなと思うんですね。ツアーは今年いっぱい続きますけど、今回のアルバムの曲たちや、今後出るであろう曲たちがどんな進化していくのか、お客さんにもそれを楽しみにしていて欲しいと思います。


 



摩天楼オペラ
new album「PANTHEON -PART 1-」
2017.4.12 release
(初回限定盤)
「PHOENIX」Music Video,「PANTHEON」Music Videoを収録したDVD付き
BZCS-91152 ¥3,241(+TAX) 
(通常盤)
BZCS-1152 ¥2,778(+TAX)

01.PANTHEON
02.Curse Of Blood
03.ICARUS
04.Mammon Will Not Die
05.Excalibur
06.AM6:00に針路をとれ
07.SYMPOSION
08.何度目かのプロローグ
09.SHINE ON
10.止まるんじゃねえ

Copyright (C) 2017 Bellwood Records All Rights Reserved.